ヨーグルト(乳酸菌)は中性脂肪を下げるのか

MENU

ヨーグルト(乳酸菌)は中性脂肪を下げるのか

中性脂肪は、動物性脂質を過剰に摂取することによって、体内にどんどん蓄積されていきます。食事療法や運動療法に積極的に取り組んでいても、なかなか思ったように効果が上がらない場合、腸内環境に問題があることが原因として考えられます。

 

食事から摂取された中性脂肪は、腸で血液中に吸収されて全身に運ばれます。腸内環境が正常であれば、腸の中の中性脂肪を食物繊維がからめとったり、善玉菌が分解したりする働きが期待できるので、便として体外に排出される量も多くなります。

 

しかし、腸内環境が悪いと、善玉菌の数も少ないため、体外に排出される中性脂肪の量は少なく、ほとんどが分解されずに血液中に吸収されて脂肪となってしまいます。

 

中性脂肪対策におすすめの乳酸菌サプリは?

 

腸内環境の改善、善玉菌を増やすのに乳酸菌が効果的!

 

腸内環境を改善することは中性脂肪を減らすのにとても効果的です。

 

乳酸菌、ビフィズス菌はヨーグルトに豊富

 

そのためにはヨーグルトなど、善玉菌を多く含む食品を食べることが重要です。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、腸内環境をスピィーディーに改善してくれます。

 

しかし、ヨーグルトに含まれている善玉菌の中には、胃酸に弱い菌もあります。善玉菌を生きたまま腸に届けるためには、L-55乳酸菌、ビフィズス菌LKM512、ガセリ菌、LG21乳酸菌など、胃酸に強い菌が配合されているヨーグルトを選ぶようにしましょう。

 

ヨーグルトは食後に食べる

 

ヨーグルトを空腹時に食べると、胃酸が多く分泌され、そのほとんどが分解されてしまう恐れがありますが、食後には胃酸が出きってしまい、酸が弱るなる傾向があります。なので、食後にヨーグルトを食べるほうが、乳酸菌を生きたまま腸に届ける効果が高いといえるでしょう。

 

ただし、含まれる乳酸菌量が少ない

 

ヨーグルトはサプリと比較すると100gあたりの乳酸菌の量が非常に少ないため、大量の乳酸菌を補給するとなると相当な量のヨーグルトを食べなければいけません(400〜500gなど)。いくら食べやすい、美味しいといっても食後にそれだけの量のヨーグルトを毎日欠かさず食べることは難しいし飽きがきます。また、ヨーグルトにもカロリーがあるため食べ過ぎは太る原因にもなります。

 

効率良く摂るならヨーグルトよりサプリメント

 

毎日欠かさず一定量の乳酸菌を補給したい場合はサプリメントをおすすめします。というのもヨーグルトだと1日に400〜500g食べないと得られないところ、乳酸菌サプリだと商品によるが1粒〜飲めば数十億個以上もの乳酸菌を補給することが可能になります。また、大量にヨーグルトを食べるとカロリーも気になるところですが、乳酸菌サプリの場合その点も心配いりません。

 

生活習慣病対策に!乳酸菌革命
乳酸菌革命は、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など話題の乳酸菌をたっぷり配合したサプリメントになります。腸内フローラのバランスを整えるのに役立つ乳酸菌が豊富に含まれており、さらに胃酸に負けずに腸にまでしっかり届くのが魅力的です。これだけの乳酸菌の種類と量を1日2粒飲めばまとめて摂れます