お餅は中性脂肪だけでなく血糖値も上げてしまう?

MENU

お餅は中性脂肪だけでなく血糖値も上げてしまう?

 

 

中性脂肪の値を下げるために大切なことは、出来るだけ低カロリーで十分に栄養素を摂取出来る献立の食事をすることです。焼肉定食やカツカレーなどの脂の多い食事ではあまりごはんのおいしさは重要視されませんが、和食などさっぱりして薄味の料理の場合には、ごはんの美味しさは食事の満足度にかなり影響してきます。あっさりした食事でも満足感を出すためにご飯を美味しくするには、普通のお米にもち米を混ぜて炊く方法がお勧めです。

 

もち米を補助的に使う場合と違い、お餅として食べた場合、血糖値が急上昇するので、それに伴ってインスリンが大量に分泌されます。すると血糖値も急激に下がるため、空腹感を感じやすくなってしまいます。これは普通のごはんのみを食べた場合と比べても腹持ちが悪いと言えるでしょう。なのでつい食べ過ぎてしまい、肥満につながる危険性もあるので注意が必要です。

 

またインスリンが分泌されている時に中性脂肪の合成が進むので、中性脂肪の値が高い方は注意が必要です。つまりお餅はすぐにお腹が減る上に太りやすい食材であると言えます。

 

お餅に限らず、血糖値を急激に上昇させ、インスリンを大量に分泌させる食品は肥満の原因になりがちです。それはインスリンに中性脂肪を生成したり、中性脂肪の分解を抑制する働きがあるからです。もち米を献立に上手に利用することはメリットもありますが、くれぐれも食べすぎには注意しましょう。