糖分の摂りすぎは中性脂肪が増える原因に

MENU

糖分の摂りすぎは中性脂肪が増える原因に

 

 

糖質の過剰摂取は中性脂肪の増加につながります。糖がなぜ脂肪に変わるのか不思議に思われる方もいらっしゃるでしょう。これは糖質が肝臓で処理をされるプロセスで変換される仕組みになっているのです。

 

糖質を食事から摂取した場合、口から食道、胃、小腸に到達し、そこで血液中に入って血糖となり、血糖値を上昇させます。血糖値が上がると体内でインスリンが分泌され、糖をグリコーゲンに変えて肝臓に蓄えます。肝臓に蓄えられる許容量をオーバーした分の糖は、中性脂肪に変換されて血液中を流れていったり、肝臓に蓄積されたりします。

 

肝臓はこのようなプロセスを経て糖質から中性脂肪を作り出します。エネルギーを体内に効率よく保存しておくためには、糖質よりも中性脂肪の方が体に好都合なのです。

 

しかし都合が良かったのは食料が不足していた時代の話で、食糧不足に悩まされることがない現在に生きている私たちとって、この働きは中性脂肪を過剰に体内に蓄積させる原因となり、肥満や脂質異常症など生活習慣病の原因になってしまう恐れがあります。

 

甘いものが好きな方は特に注意が必要です。気が付かないうちに肝臓が糖質をどんどん中性脂肪に変えて、体に蓄えているかも入れません。太り気味で中性脂肪の高い方がダイエットをする場合、食事に関してはある程度のカロリー制限と共に甘いものや炭水化物などの糖質を多く含む食品の摂取を控えると、効果が現れやすくなります。