中性脂肪を上げる油と下げる油

MENU

中性脂肪を上げる油と下げる油

 

 

生活習慣病の予防やダイエットのために油の摂りすぎに注意することはとても重要です。健康のためには動物性脂肪を減らして植物油に置き換えた方が良いというのが今までの風潮でした。

 

動物性脂肪は中性脂肪やコレステロールを増やす原因となり、植物油はこれらを減らす効果があると言われていましたが、近年、油の研究が進むにつれて、単に動物性と植物性という分類では説明がつかなくなってきました。そこで最近では脂肪酸(成分)によって油を分類する方法が一般的になってきました。

 

肉類の脂、牛乳、チーズなどは飽和脂肪酸、オリーブ油、なたね油は一価不飽和脂肪酸、ベニバナ油、コーン油んどはリノール酸、魚油やシソ油、エゴマ油などはαーリノレン酸に分類されます。

 

中性脂肪の高い人は、飽和脂肪酸の中でもラードや牛肉の脂身に含まれる長鎖脂肪酸の摂りすぎに注意が必要です。長鎖脂肪酸はリンパ管を通って血液中に入るため、血液中の脂肪が増えてしまいます。中性脂肪の高い人がこの油を摂りすぎると、膵臓の血管のつまりから急性膵炎を引き起こす場合があります。

 

また同じ油でも体内でDHAやEPAに変化して血液をサラサラにし、中性脂肪の低下にも効果のあるαーリノレン酸は積極的に摂取したい油分です。油分としてひとくくりにし、忌避することをせず、それぞれの働きを理解して体に良い油を接触的に摂取し、それ以外は控えることで中性脂肪を下げる効果が期待できます。