中性脂肪を下げるなら植物性脂肪食品を中心に食べよう!

MENU

中性脂肪を下げるなら植物性脂肪食品を中心に食べよう!

 

 

脂には大きく分けて動物性脂肪と植物性脂肪があります。植物性脂肪は動物性脂肪のバターやラードに比べてサラッとしたイメージがあるため、体に良い脂というイメージがあります。

 

しかしこの脂の分類の仕方はあまり意味がなく、体に悪い影響をもたらす飽和脂肪酸と血液をサラサラにし血流を促進する不飽和脂肪酸の二つに分類した場合に、植物性脂肪に比較的不飽和脂肪酸に分類される脂が多いため、このようなイメージを持つ人が多くなっているのです。動物性脂肪の中にも青魚に多く含まれるDHAやEPAは不飽和脂肪酸に含まれるため、動物性脂肪が体に悪いとは一概には言えません。

 

中性脂肪を減らすために、炒めものなど食事に使う油は植物性の油がよいと言われており、悪玉コレステロールを減らす効果も期待出来ますが、摂りすぎてしまうと善玉コレステロールも減少させてしまうので、1日30g(大さじ2杯)の摂取が適量とされています。

 

中性脂肪を減らすためには動物性脂肪はなるべく摂らないようにした方がいいとされていますが、動物性脂肪も体に重要な働きをするので、動物性脂肪を完全に断ってしまうのは体に良くありません

 

理想的な脂肪の摂取割合は動物性の肉類30%、植物性脂肪のうち一価不飽和脂肪酸40%、植物性脂肪のうち多価不飽和脂肪酸30%です。中性脂肪を減らすために摂取する脂の種類やそれらの摂取割合にも気を配り、食生活の改善に役立てましょう